101個BIツールの活用事例ご紹介!全社利用の事例を部署・場面ごとにご紹介 /* Template Name: singlenew(2019.11.12) */    

101個BIツールの活用事例ご紹介!全社利用の事例を部署・場面ごとに。

最終更新日:2021-5-28

さまざまな種類のBI(ビジネスインテリジェンス)ツールがあるように、BI活用の方法は業界や企業によって十人十色です。すべての活用方法をリストするとキリがありません。

そこで、BI活用事例のよくあるパターンを利用場面・部門・シーンごとに、九つのパート、101個の分かりやすい例に短縮しました。今度の記事を読んだら、あなたがいま悩んでいる課題を解く鍵になるシーンを見つけられるといいですね。

以下のBIツール活用シーンはFineReportで実現できます。

BIツールの活用事例

BI活用事例P1:データ統合と一元管理

  1. AWSなどのクラウドサービスとの統合
  2. CRMからデータを抽出して分析する
  3. EMR / EHRシステムからデータを抽出し分析する
  4. LMSからデータを抽出して分析する
  5. WMSからデータを抽出し分析する
  6. SCMシステムからデータを抽出して分析する
  7. データのカスタマイズダッシュボードへのアクセス権限を設定する
  8. データウェアハウスの従業員データをBIシステムに統合する
  9. SQLサーバーからデータを抽出する
  10. CMMSからデータを抽出して分析する
  11. 複数のデータウェアハウスの統合
  12. 複数のデータベースからデータを抽出する
  13. MAツール(マーケティングオートメーションツール)からデータを抽出し分析する
  14. 複数のユーザーにアクセス権限を提供し、会社全体のデータの一貫性(インフォメーションの対等)を確保する
  15. 全社的なデータを一箇所に統合して分析する、全社データ利用の規範性を高める
  16. 在庫管理システムからデータを抽出し分析する

FineReportは、社内に散在するマルチソースデータを簡単に統合できます。企業に全局的なデータ利用習慣を形成させ、データベースのインテリジェントな運用の実現をサポートします。

BI活用事例データ統合

BI活用事例P2:データ可視化表現

  1. 独立の内部システムに埋め込みBIダッシュボードを作成する
  2. BIでドラッグ&ドロップでカスタマイズビジネスレポートを作成する
  3. あるデータの変動トレンドをダッシュボードでリアルタイムに表示する
  4. 在庫の状況を表示する自動更新Biダッシュボードを作成する
  5. 予測分析のためのBIダッシュボードを作成する
  6. 各部門個々のニーズに基づいて独自なダッシュボードを作成します
  7. 関連データを使用してパーソナライズレポートを作成する
  8. 複数のレポートテンプレートを素早く作成する

BI・ダッシュボードツールよしてのFineReportはレポーティング、データ可視化ツールとして豊富な可視化機能、70種類以上のチャートとグラフを持ち、より多くのデータ視覚化表現形式をユーザーに提供します。可視化効果が充実し、データビジュアライゼーション技術によって分析結果を可視化し、意思決定に欠かせない情報を得ることができて、幅広いビジネス分析に向いています。

BI活用事例データ可視化

BI活用事例P3:業務の各部分を最適化、効率化

  1. 定期的に自動レポート送信を設定する
  2. 在庫と売上のリアルタイム的な視覚化を実現する
  3. 物流や運送業では、さまざまなトラックタイプ、橋や路面の重量定格などを分析し、ルートを最適化する。
  4. サプライチェーンデータをリアルタイムで可視化する
  5. 最高および最低顧客トラフックの時間に基づいて、店舗の人員配置を最適化する
  6. SCMシステムのROIを追跡する
  7. 流通効率が低い原因を見つける
  8. 倉庫関連業務の非効率の原因を見つける
  9. データマイニング機能を利用して、資材調達の効率が低い原因を見つける
  10. 一定期間内の生産と流通の各段階をデータで細かく追跡する
  11. サプライチェーンの弱点を見つけ、改善策を見つけ出す
  12. データ分析で非効率的なプロセスを特定することによって、ストレージコストを削減する

関連記事:
>>【ビジネスシーン別】業務効率化ツール12選

BI活用事例P4:売上分析とマーケッティング

  1. eコマース売上のリアルタイム分析
  2. タイムリーなeコマース販売レポートを作成する
  3. マーケティング活動の効果をリアルタイムで分析する
  4. 需要予測を通じて将来の売上高を予測する
  5. 顧客のアンケート調査結果を集約して分析する
  6. プランニング機能を利用し、マーケティング目標を設定する
  7. 顧客の購入履歴を利用し、購買行動を予測して、もっとターゲティングした広告を表示させる
  8. 顧客の構成統計を分析する
  9. 会員数の変化データを分析し、マーケティング活動の効果を評価する
  10. 販売データ、ソーシャルメディアデータ、ユーザーインターフェイスデータの処理と分析
  11. 顧客の購入金額、購入行動、購入頻度などのデータで顧客セグメントをする
  12. マーケットのデータでリスク分析の結果を報告する
  13. 市場の変化をデータで追跡する
  14. 新製品開発するために顧客の購入傾向を発見する
  15. 市場データに基づいて、新しい店舗やオフィスをオープンするのに最適な場所を見つける
  16. 会員登録とその他の登録のピーク時間帯を見つける
  17. ネットマーケティング活動のWebトラフィックを分析する
  18. eコマースショッピングカートの放棄率を分析する
  19. ある商品の売上データを分析し、新商品開発とマーケッティング活動のヒントを発見する

BI活用事例多次元売上分析
                        FineReportで多次元売上分析

関連記事:
>>営業成績がぐっと上がる!営業分析の手法、指標とツールをご紹介

>>データマーケティングとは?実現手順から活用例、ツールをご紹介

BI活用事例P5:銀行、病院、飲食業、小売業などでのBI活用事例

  1. 生徒個々の成績変化データを分析し、個性化的な学習指導を行う
  2. 飲食店において、複数店舗の最も人気のある予約時間帯と最も人気のない予約時間帯データに基づいて、店のメニューや従業員のシフトを最適化する
  3. 「人物行動分析」を通じて犯罪抑止を実現する
  4. 銀行各支店の業務量などを総合的分析する
  5. 青果(野菜・果物)、鮮魚、精肉などの生鮮食品の販売管理と衛生管理をデータでさらに科学的にする
  6. 不動産屋は各物件の地理データを評価する
  7. 店舗収入と天候、地域、季節、一日中の時間帯などの外部の影響との相関関係を探す
  8. 患者の医療データを分析して、症状のパターンと相関関係を発見する
  9. 在庫の使用状況データで在庫の周期性を把握し、倉庫の利用効率を上げる
  10. 顧客の購買行為を解析し、商品の陳列場所やPR方式を変えて、売り上げを上げる

BI活用事例の銀行

BI活用事例P6:企業経営の意思決定をサポート

  1. データで将来のトレンドと傾向を予測し、損失を防ぐ
  2. 各種のKPIを報告する
  3. 予測分析を利用して収益の目標を設定する
  4. 会社のサプライチェーンに適した最も効果的な輸送管理システムを見つける
  5. 新しい流通戦略の有効性を古い戦略のと比較する
  6. 財務データトレンドの360度ビューを作成する
  7. 異なる地域のコンプライアンスプロセスを比較する
  8. コンプライアンスの問題を追跡し、コンプライアンスの失敗のケースから原因を分析する
  9. 新しいケースの異なる企画案の結果をデータで比較する
  10. 各部署への投入と収益データを分し、会社のリソース分配を最適化する
  11. CRMの投資収益率を追跡する
  12. 収益の山と谷の背後にある傾向性を見つける
  13. 今年の経営状況データを分析して、来年の予算を決める
  14. 特定の期間における競合他社の成長率を自社の成長率と比較する
  15. 合理的な目標を立てるために、部門および組織の過去の目標の達成率をデータで評価する

関連記事:

実例から学ぶ丨経営ダッシュボード作成の際に押さえるべきポイント

KPIダッシュボードの作り方を解説!

BI活用事例P7:ビジネス現場でのBI活用

  1. レポートを顧客と自動的に共有する
  2. 顧客提案のための専門的なレポートを作成する
  3. モバイルデバイスを使用し、いつでもどこでも状況を把握する
  4. セルフサービスのデータ視覚化機能を顧客に提供する
  5. DWHをユーザー側に使われるの場合
  6. クライアント訪問のセールスチームにデータのリモートアクセスを提供し、現場でもリアルタイムのデータを使ってプレゼンティションできる

BI活用事例ー小売業
          FineReportのモバイル端末で在庫確認

BI活用事例P8:IT部門の価値を引き上げる

  1. データマイニングにより、データを深く掘り下げて分析することによって、新しい洞察ができる
  2. サイバーセキュリティシステムの有効性をデータで評価する
  3. BIツールをカスタマイズし、それをオープンソースシステムに統合する
  4. ビッグデータのリアルタイム自動処理、分析、視覚化を実現する
  5. プレゼンテーションで使用できるレポートテンプレート、ダッシュボードテンプレートを作成する
  6. さまざまな形式のデータを標準化にする
  7. 財務、経営、業務、人事など、各種類のビジネスデータを集約する
  8. 権限内の各場所に同じデータ、レポート、BIツールへのアクセス権限を提供する
  9. 複数のスプレッドシートではなく、すべてのデータを一箇所に自動的に整理する

BI活用事例ーIT

関連記事:

BI機能開発エンジェニアが答えるBIツールに関する全て、IT部門の価値を正しく評価される!

BI活用事例P9:人事データ分析と管理

  1. 給与明細、福利厚生、その他の人事データの履歴分析
  2. 従業員のスキル成長をデータとして記録し、追跡する
  3. HRソフトから人事データを抽出し分析する
  4. HRソフトのROIを追跡する
  5. 従業員の定着率と人事制度、福利厚生の関係性をデータ分析する
  6. 就職シーズンのデータを利用して、従業員を雇うのに最適な時期を見つける

BI活用事例人事分析
                      FineReportで部門の入退社データ分析

BIツールに関するお役立ちコラム

BIとは、BIの概要:>あなたが知りたいBIのすべてを徹底解説!BIとは?BI関連諸概念をはっきりさせる!

BIツールの機能について:>図解と事例で説明、BIツールって何ができる?BI機能開発エンジェニアが答えるBIツールに関する全て

BIツールのメリット、価値>実例でBIツールを完全解説!メリット、導入価値を具体例で見る!

BIツールのシェア、市場>BIツールのシェアと最新の市場動向は?BIツール成長の見込みを詳解!好評BIツールオススメ

BI評価法について>【チェックリスト付】BIを評価、BIツールの選定ポイント、選び方を詳解!

BIツール比較とおすすめ:
【10選比較表つき】無料で使えるBIツール徹底比較!ユーザーレビューあり~BIツールとは?
【2021の5選】無料/オープンソースのBIツール「特長」「短所」を比較

BIツールの種類談:
これでBIクラウド、BIサーバ、BIオンプレミスって何かを全て分かる!
BIツールの種類――機能から見るBIツールの違いと分類

トップへ

Privacy

Copyright@2020 Fanruan Software Co.,Ltd

All Rights Reserved