【2021の6選】無料/OSSのBIツールを比較!オープンソースのBIツールでできることは? /* Template Name: singlenew(2019.11.12) */    

【2021の6選】無料/オープンソースのBIツールを比較!無料BIツールでできることは?

最終更新日:2021-9-14

BIツールは初期導入の段階から比較的に高いコストがかかるので、選定担当者にとって、機能検証は難しいですね。まずはBIツールを試し、機能と使い応えなどをある程度理解したうえ、正式に導入するかどうかを検討するのがベストです。

  • BIツール導入にお金を使うので、失敗を避けたい。
  • BIツールを導入する前にまずは無料で機能検証をしたい。
  • BIツールは無料で使えるのか?

ビジネスで使うソフトウェアは、一定期間のフリー製品体験を提供するメーカーが多いです。しかしながら、多数の無料BIツールに制限があります。そこで筆者は今回、「無料」で利用できる・OSSのBIツール6選を詳しく紹介し、どこまで無料で使えるのかを明らかにします。

おすすめの無料/オープンソースBIツール5選

無料なBIツールといいますが、期間限定のようなトライアルもあれば、フリーで使い続けられるもの(この場合は基本、機能制限あり)もあります。

これから紹介する五つの無料で利用可能なBIツールに、機能制限がないのはFineReportだけです。可視化機能や多次元データ分析機能も充実しますので、筆者的に一番のおすすめの無料で使えるBIツールです。

FineReport(豊富な可視化効果と拡張性)

ExcelライクのUIやドラッグ&ドロップ操作の使いやすさを備えたFineReportは、初心者でも短時間で身につけるOSSのBIツールです。基本的なレポート、豊富な可視化効果とダッシュボード機能に加えて、共同作業、承認ワークフローやスケジューラタスクなどの業務効率化を図る機能も搭載されています。

無料BIツールFineReport

90日間の無料トライアル版を提供します。しかも正式製品と同じ、機能制限がなく、全ての機能が無料で利用できます。

【特長】
  • トライアル版でも機能制限がなく、全ての機能がフリーで使えるBIツールの一選。
  • ノンプログラミングでダッシュボードやレポートを作成、カスタマイズの自由度が高い
  • Excel、RDBMS、NoSQLのDB、多次元DB、ストアドプロシージャ、ビッグデータなど豊富なデータソースを扱る
  • PC、携帯、タブレットなど様々なデバイスからの操作、閲覧をサポート
  • RDBMSなどへのデータ入力、更新、削除が可能で、Excelデータの入出力も対応
  • 複雑な二次開発や運用管理などをサポートし、クライアントの個性化要望に対応できる。
【短所】
  • データの特性に応じたグラフ推薦機能がない
  • 多次元分析なら次元ごとにレポートを作成する必要がある

Pentaho 

日立が提供しているBIツール「Pentaho」は、多様なデータを統合し、さまざまな観点で分析するためのデータ統合・分析プラットフォームです。Pentahoのデータ抽出・準備・ブレンド処理には、Hadoop連携をはじめとする高速・分散処理アーキテクチャを備えており、大規模データも短時間で処理できます。オープンソースでありながらベンダーによるサポートを受けられます。

オープンソースBIツールKNIME
【特長】
  • 各機能単位でGUIが用意されているため、複雑なロジックを作成せずに各機能を使用できる。
  • RDB、OLAP、WEBベースレポーティングなど、多様なレポーティング機能を利用できる
  • 先進的な分析手法のライブラリを搭載している
【短所】
  • 開発コミュニティによって提供される無償版「Community Edition」はインストーラーがなく、ライセンス「the GNU General Public License」が必要(一定の技術・知識が必要)
  • 無料版だと、ETLやアナリティクス、レポート機能などは制限される
  • 無料版のダッシュボードのカスタマイズの自由度が低い
  • 分析できる範囲が非常に細かい、やや上級者向け。
  • 日本語ドキュメントは少なく、学習コストがやや高い。

Google Data Studio

データをビジュアライズし、作成したレポートを簡単に社内やクライアント共有することができるGoogleが提供している「Google Data Studio」は、「Google アナリティクス 360 スイート」のひとつである「Google データスタジオ 360」の無償版です。

さまざまな様々なデータソースとの連携オプションからデータを取り込み、可視化できるシンプルな構成が特徴です。具体的には、各種グラフや画像・テキストなど好きな形で可視化でき、レポートの簡単共有も可能です。

無料BIツールGoogledatastadio
【特長】
  • BigQuery や MySQL などでは、カスタムクエリオプションを使用することで、SQLクエリを作ってデータを取得、加工できる。
  • AdWords、Google アナリティクスなど、様々なデータソースが事前に用意されており、簡単にデータベースと連携できる
  • 簡単にレポート共有できる
【短所】
  • 無料版だとシステム内で計算などデータの加工はできない
  • 異なるソースからのデータの合算と計算はできない
  • 印刷機能がなく、Web閲覧のみとなっている

Tableau Public(洗練されたUIとブランド力)

「数分間でデータを無料視覚化・共有」というコンセプトを唱えたTableau Public。アナリティクス、レポート、ダッシュボード機能を備えたエンタープライズ版に加えて、Tableauは効果的な視覚分析のためパブリック版の無料BIツールも提供します。世界中のユーザがTableau Pubilcでデータ視覚化の作品を公開します。これらの作品はWebページやブログに埋め込むことができます。

無料BIツールTableau
【特長】
  • 成熟するユーザコミュニティと豊富なリソースにより、使用上の不明点などを解決する
  • 洗練されたUI、デザイン性の優れたグラフ
  • 定型シナリオに沿った分析だけではなく、アドホックな深堀分析にも向いている

無料で使えるTableau-Tableau Publicですが、Vizをフリーで作成するためのTableau DesktopのPublicエディションには機能制限があります。

【短所】
  • 無料版のTableauとして、利用可能なデータソースはほぼローカルファイルのみ。
  • ワークブックの保存はオンラインのみ(しかも自動的に外部公開)。Tableau Publicサイトで保存したデータは他者の閲覧が可能なので、会社の内部情報など機密情報が利用不可。
  • ダッシュボード拡張機能が使えない。
  • データの出力ができない(作ったVizからクロス集計などのデータ出力ができない)

Metabase(シンプルなビジュアル)

Metabaseは、複雑なSQL文を使用せずに簡単なアドホッククエリによりデータベースの詳細情報を表示し、チャートとダッシュボードを生成するオープンソースのBIツールです。Javaの実行環境さえ整えれば、jarファイルをダウンロードし設置することですぐインストールできます。Metabaseは18.7KのGitHubスターと2.5KのGitHubフォークを有しています。割と学習コストの低い一選です。

オープンソースBIツールmetabase
【特長】
  • ローカルでもクラウドでもデプロイできる
  • RDBMSに加えて、NoSQLのMongoDBにも対応
  • クエリビルダーが充実しており、クエリが書けなくても簡単に分析
【短所】
  • 無料版に機能制限があります。SAMLやJWTを利用したシングルサインオンや、ダッシュボードを含む監査機能など、企業にとって必要な機能は有料版に搭載されている
  • 一部の機能が不具合であり、バグも存在する
  • MySQLなどのRDBMSにSQL補完機能があるが、NoSQLのDBにはその機能ない

KNIME

KNIMEは、分析レポートを作成するための統合プラットフォームとして開発されたオープンソースのBIツールです。包括的なBIプラットフォームを提供します。KNIMEは、データマイニングと機械学習に必要なコンポーネントで構成されています。

KNIME には2つのプログラムがあります。KNIME Analytics Platform、とKNIME Cloud AnalyticsPlatformです。

KNIMEは、データサイエンティストやアナリストを支援するために、1000を超えるモジュールを備えた全面的なツールです。分析インスタント、包括的なツールセット、ユーザーが選択できるさまざまなアルゴリズムを備えています。しかし、KNIMEの学習コストがとても高いです。初心者には使いにくく、上級者向けのソフトウェアです。ただし、OSSなBIツールとして、データサイエンティストや専門家、主にR、Python、またはその他の予測機械学習ツールに取り組む意欲のある人にとって、KNIMEは間違いなく便利なオプションであり、多変量分析やデータマイニングを実行することもできます。

【長所】
  • 簡単なETL操作
  • 他のテクノロジーや言語と非常によく統合される
  • 豊富なアルゴリズムセット
  • 非常に使いやすく整理されたワークフロー
【短所】
  • かなりのスキルが必要で初心者が使えない。
  • RAMのほぼ全体を占有する。

6つのオープンソース・無料BIツールを解説しました。フリー体験版ですから、ビジネス用製品とは完全に同じではないですね。フリー体験の注意点も見てみましょう。

  • ユーザー数の制限。作成できるレポート数、ユーザ数が限られるだけではなく、データ共有、リアルタイム更新、サポートするデータソース、出力できるフォーマットなど高度な機能が備えていないことも多いです。
  • データの容量制限。有料のBIツールは企業のデータ量によって費用が違うので、無料のBIツールはデータ容量に制限があることはよくあります。
  • サポート対応がビジネス利用とは異なる。フリーのBIツールなので、ドキュメントとチュートリアル以外、サポートを一切行わない場合はほとんどです。大手メーカの無料BIツールなら、メールでのやり取りが可能ですが、オープンソースのツールはコミュニティしか利用できません。

BIツール評価のポイント

各BIツールにはそれぞれのメリットがありますので、BIツールを評価するとき、確かに迷いますね。ツール導入担当者によくある悩み:

  • BI市場の開花に直面し、さまざまなBIツールを如何に選択のか?
  • またはどのように会社に適したBIツールを選ぶのか?
  • BIツールまたはメーカーを選定する際の標準みたいなものはあるか?

この問題を抱えて、筆者が業界のデータアナリストといくつの企業のIT部門の専門家をインタビューしました。彼らが考えるBIを評価する際に考慮するに入れる要素は、市場、製品、コストパフォーマンス、サービスの4つの側面があります。

市場

市場は製品を検証する試金石です。 製品機能が低くて、ライフサイクルが短いBIツールが激しい市場競争に排除されます。したがって、市場シェア、ユーザーからのレビュー、業界での口コミなどがある程度、BIの市場認知度を示しています。

たとえば帳票・BIダッシュボードツールFineReport累計世界の15,000社を超える企業に導入しています。数多くのフォーチュン・グローバル500強企業もFineReportの製品力とサービスを信頼しています。

製品力

フリーで試し利用ができるBIツールをまず使ってみるといいですね、またはメーカーが提供するプレセールサービスを予約して実際に製品とサービスを体験します。

たとえばフリーで使えるBIツールFineReportは、社内に散在するマルチソースデータを簡単に統合できます。企業に全局的なデータ利用習慣を形成させ、データベースのインテリジェントな運用の実現をサポートします。

財務分析、販売分析、生産分析など、業務分野ごとにデータ分析を実施できます。課題別に最適なBIダッシュボードをすばやく作成でき、会議室、展示センター、モニタリングセンターなどに展示します。柔軟なカスタマイズ設計が魅力的です。

コストパフォーマンスとサービスについて、詳しくはこちら【チェックリスト付】BIツール評価、BIツール選定のポイント、選び方を詳解!

まとめ

今回は無料とオープンソースのBIツールのを六つ紹介しました。

BIの一番の魅力と言えば、利用する企業規模に拘わらず、10人でも、10,000人の組織でも、ダッシュボードやアドホッククエリなどの機能を利用し、そこから価値を見つけることでしょう。

無料のBIツールは最初コストがかからないけれども、後期の正式導入に大きく関わっているので、その機能特長や自社のニーズを考えた上、導入の検討を進めましょう。

無料BI体験

BIツールに関するコラムをいくつかご紹介します。ぜひ合わせてご参考ください。

関連記事:
実例でBIツールを完全解説!具体例とユーザーレビューからBIツールのメリットと価値を見る
【10製品ランキング】無料で使えるBIツール徹底比較!比較表あり~BIツール評価法・機能・市場・種類・活用事例も解説
【チェックリスト付】BIツール評価、BIツール選定のポイント、選び方を詳解!

トップへ

Privacy

Copyright@2020 Fanruan Software Co.,Ltd

All Rights Reserved