BIとは?Excelとの違いから機能、メリット、最新トレンドを紹介 /* Template Name: singlenew(2019.11.12) */    

BIとは?Excelとの違いから機能、メリット、最新トレンドを紹介

最終更新日:2020-3-20

近日、ガートナーは2020年「マジック・クアドラント「アナリティクス&BIプラットフォーム」を発表し、この調査レポートに今後BIのトレンドを予測しました。皆さんは話題のBIについて初耳ではないと思います。しかし、「BIを導入する理由は?」、「今まで使っていたExcelとの違いは?」などの疑問を持つ方がいるでしょう。今回はBIの意味から、Excelとの違い、主な機能、メリット、トレンドまでを解説します。

1.BIとは

ビジネスインテリジェンス(BI)は、簡単にいうと、生のデータを有用な情報に変換し、ビジネス上の意思決定を支援するソフトウェアと技術を指し、「BIツール」「BIシステム」とも呼ばれます。有用な情報を得る前に、データの収集、蓄積、分析、報告の過程を経ます。ビジネスインテリジェンスという用語は1950年代に使われはじめ、意思決定支援システム(DSS)と呼ばれる初期のコンピューティング技術から生まれました。

2.BIとExcelの違い

BIの意味を読んでから、ExcelとBIの違いがないと思う方がいるでしょう。確かにデータ集計、表とグラフの作成を通し、意思決定をサポートするという点で、BIツールとExcelは似ています。しかし、決定的な違いは大量データを扱えるかどうかです。両者の主な区別は次に挙げられます。

  • BIは異なる様々なデータソースを統合し、複雑で多角的な分析を行えます。一方、Excelは単一のデータソースに対応し、大量のデータの読み込みに時間がかかります。
  • BIツールがデータの視覚化と双方向性に優れています。Excelは表の作成を前提としてグラフを作成します。ユーザが指示をしない限り、自立的な反応はしません。BIツールはデータを選ぶだけでグラフを作れます。双方向性上で、例えば、グラフにポインタをあてると詳細が表示くれたり、クリックしてさらに深く詳細を見たりすることができます。
  • BIのデータはデータベースとともに更新するので、ユーザがいつも新鮮な情報を手に入れます。Excelは入力されたデータを基づいてレポートを作成するので、人に頼って管理しなければなりません。

3.BIツールの機能は?

では、具体的にBIツールがどのような機能を備えるのでしょうか。ツールによって搭載する機能とその呼び方が異なるかもしれませんが、一般的に4つの機能に分けられます。

レポーティング機能

レポーティング機能は分析結果を分かりやすく表示することです。その中に、システムから得たデータを定型化し、上司への報告や会議資料などに使う定型レポート機能と、グラフや重要指標などを一つの画面に直感的に表示し、分析対象の変更やドリルダウンなどを行えるダッシュボード機能があります。ダッシュボードはリアルタイムでの情報参照が可能です。ダッシュボードの意味と作り方について詳しく知りたい方は実例から学べる | 経営ダッシュボード作成の際に押さえるべきポイントをお読みください。

BI business intelligence

(画像出典:FineReport

OLAP分析

OLAPとはOn Line Analytical Processing(オンライン分析処理)の略称であり、データベースに集積された大量データから、多次元的な集計・分析を行う機能を指します。スライシング/ドリルダウン/ドリルアップ/ドリルスローなどの操作によって、例えば、特定の日に売上が落ちたという問題の要因を調査することができます。

BI business intelligence

データマイニング

データマイニング(Data Mining)はクラスター分析、回帰分析、相関分析の複雑な統計分析を行い、大量のデータから人では気づかない法則性を掘り出す機能です。データマイニング機能の利用には統計の知識が必要なので、専門のデータ分析職に頼らなければなりません。

BI business intelligence

プランニング機能

プランニングは予算策定などの未来の経営の予測に用いられる機能です、過去のデータに基いた分析やシミュレーション(模擬実験)を通して予算計画の根拠を得ることができます。

4.BI導入のメリットは

膨大なデータから洞察を得るという課題に直面する企業が増えるにつれて、ビジネスインテリジェンスの重要性は高まっています。ここがBI導入の大きなメリットです。

  • データ集計・分析の時間を大幅に短縮する
  • 分かりづらいデータを可視化することで簡単に現状を把握する
  • 経営やビジネスでの課題の早期発見・解決につながる

BIツールを利用することで、社内外の散らばっているデータを一箇所に集約し、専門スキルがなくても高度なデータ分析を行えます。各部門の分析結果の可視化により、企業経営者、担当者及び現場の社員は現状を正確に把握し、営業活動、顧客に提案する製品の選定や、必要な備品の購入判断などの場合に適切な決断を下すことができます。

5.BIの最新トレンドは

IT技術の急速な進化とデータの爆発的な増加に伴い、BIツールはここ数年大きく変化してきます。今後BIのトレンドは主に以下の3点があります。

データの民主化

かつBI分析は情報システム部門や専門スキルを持つ人に限られ、エンドユーザが用意された定型レポートを利用するしかありません。データ民主化後、分析できるデータが整形されて、データへのアクセス方法が複数種類用意され、データを分析する人が多くなっています。つまり、専門性のないユーザまでデータを開放し、データの価値をより多くのメンバーに享受するのは今後BIの方向です。

BI business intelligence

説明可能なAI (Explainable AI)

この傾向は、AIを活用したBIプラットフォームの透明性を高める必要性から生まれました。AIの予測結果の精度が高かったとしても、その計算過程と予測の根拠がわからないことがほとんどです。 説明可能なAIは、モデルの予測結果を人間に理解可能な方法で説明しくれることです。 これにより、BIの判断結果の信頼性を高めて、活用範囲が一層広がります。

データ品質管理(DQM)

データ品質の低さが原因で企業が毎年3.1兆ドルの損失を被る背景に、データ品質管理はデータの正確性と有用性を確保するための重要なプロセスになりつつあります。DQMは新しいトレンドではありませんが、2020年以降もビジネスインテリジェンス業界を変化させ続けることが期待されています。

6.中小企業はBIを導入できるか

ここまでの項目を通してBIの機能とそのメリットを理解していただけると思います。BIツールの導入コストが高く、専門技術が必要であるように見え、大手企業だけに向いている印象を持つ方がいるでしょう。実際に、BI技術の発展と様々なメーカーのBI業界への進出によって、製品は豊富になり、コストパフォーマンスが高くなります。市場のBIツールを評価する際に、自社の課題と望む導入効果に応じて必要な機能の検証とサポート体制の確認をすればいいです。以下の課題を抱える企業はBIツールの導入を一度検討してみてください。

  • 帳票・レポート作成の作業負担を軽減したい
  • 各部署とシステムのデータを統合し、分析したい
  • 全会社と部署別の状況をリアルタイムに把握し、素早く問題に対応したい

参照資料:
https://ja.wikipedia.org/wiki/ビジネスインテリジェンス
https://www.bi-trend.jp/entry/BI/excel_1
https://it.impressbm.co.jp/articles/-/17684

【関連記事】
≫【比較表付き】人気BIツール5選を徹底比較

トップへ

Copyright@2020 Fanruan Software Co.,Ltd

All Rights Reserved