JasperReport+iReport評価、機能、FineReportと徹底比較 /* Template Name: singlenew(2019.11.12) */    

JasperReports+iReport評価、機能、FineReportと徹底比較

最終更新日:2020-7-7

日々の活動を通じ、「オープンソースのレポート製品といえばJasperReports」と認知する企業が多いと実感していますが、比較対象として「商用のレポート製品との違いを教えて下さい」とご質問頂くことがあります。本記事はJasperReports+iReportとFineReportを比較し、それぞれの特徴を述べます。     

JasperReportsUI

       

JasperReportsとは?iReportとは?

JasperReports(ジャスパーレポート)は米Jaspersoft社が開発するJava製のオープンソースレポーティングツールです。iReportはJasperReportsのデザインツールで、レポートレイアウトの編集から実行までをGUIから行なうためのツールです。両方は無料ダウンロードして利用できます。たたし、一部のドキュメントは有料です。 通常、JasperReportsとiReportは組み合わせて使用​​されます。

JasperReportsとiReportで帳票を開発する場合、まずiReportでレポートレイアウトを設計し、「*.jrxml」のXMLファイルを生成し、「*.jasper」という拡張子のファイルにコンパイルします。 それから、「*.jasper」ファイルをJasperReportで読み込み、データソースと接続し、データを埋め込み、JasperPrintで最終的にレポートを出力します。つまり、JasperReports+iReportはレポートをレイアウトとデータに分離しているのです。

JasperReportsとは

JasperReportsとiReportダウンロード

JasperReportsとiReportでレポートを作成する場合、3つのパッケージをダウンロードする必要があります。

JasperReports+iReportとFineReportを比較

FineReport(ファンレポート)は、多彩なレポートと分析ダッシュボードをほぼノーコーディングで開発し、ブラウザやデバイスを問わず参照・出力する商用のレポーティング・BIツールです。1つのパッケージだけインストールすれば、簡単にレポートを作り始められます。

これからはデータソース、レポートの作り方、グラフなどからJasperReports+iReportとFineReportを比較します。

JasperReports+iReportとFineReportの違い① 設計の手順

上記はJasperReports+iReportによるレポート作成の手順を述べたので、ここは省きます。二つのツールを使い、しかも高度なコーディングが必要なので、高い技術力が求めらます。

jasperReports+Ireport設計手順

FineReportを利用する場合、他のレポーティングツールと組み合わせることと、MyEclipseでJava環境を配置することはありません。JasperReportに比べて、FineReportは1つのツールのみでレポートの開発、参照及び出力を実現し、作成の工数を大幅に削減できます。しかも、複雑なコーディングによるミスを最大限避けます。

FineReport設計手順

JasperReports+iReportとFineReportの違い② 設計画面

GUIエディタのiReportは、固定場所でレポートの各部分を設計します。簡単な様式に対応できますが、複雑な要件の場合はややこしくなります。揃えやフォントの設定にはコーディングが必要で、セルの数式が行列の調整に伴って自動調整しません。Excelファイルを元にしたレポート開発もサポートしていません。

JasperReportsUI

FineReportはExcelに近いUIを持ち、ドラッグアンドドロップのみでデータセットとセルを紐づけ、イメージした帳票のまま設計できます。既存Excelフォームの数式もフォーマットもそのままインポートし、レポートを開発します。仕様変更時にコーディングが不要で、Excel感覚で修正すればいいです。行列を挿入・削除してもセルの数式、データセットとの関連が自動調整します。

Excelインポート

SQLを作成するためのGUIを備えるので、開発者はドラッグ&ドロップでSQL文を書くことで効率が一層向上します。

SQL編集

JasperReports+iReportとFineReportの違い③ モバイル対応

スマートフォンやタブレットの普及に伴い、モバイルデバイスの職場での利用シーンが拡大し、外回りや出張、生産現場などでレポートを参照するニーズが高まっています。しかし、JasperReports+iReportはレポートをモバイルデバイスで閲覧できません。

一方、FineReportはモバイル特有のインターフェースやネイティブアプリを提供しているため、スマートフォンから簡単に操作や書き込みができます。チャートやダッシュボードはモバイルデバイスでの視認性も高く、コメントの追加、SNS経由の共有、セキュリティ管理などの機能を備え、調査アンケート、営業状況報告、設備管理、勤怠入力など様々なシーンに適用されます。

FineReportモバイル対応

JasperReports+iReportとFineReportの違い④ データソース

公式サイトでJasperReports+iReportがすべてのデータソースをサポートすると掲載していますが、既定でMySqlとODBCデータソースのみをサポートしています。 他のデータソースに接続する場合、ドライバーjarパッケージをダウンロードしてインストールし、データ接続、アクティベーションなどの手順を設定する必要があります。

JasperReports+iReportでは、1つのレポートは1つのデータソースからのみデータを取得できます。たとえば、データの一部は「販売量」テーブルから、一部は「売上高」テーブルから取得する場合、JasperReports+iReportは実現できません。

FineReportはJDBC、JNDIの方式でファイル、NoSQLデータベース(MongoDB)、多次元データベース(SSAS、BW)、ストアドプロシージャ、ビッグデータ(Hadoop Hive、AmazonRedshift)などに容易に接続できます。また、データベースやデータテーブルを越えて、異なる業務システムのデータを一枚のレポートに表示します。

JasperReports+IReportとFineReportの違い⑤ 可視化グラフ

JasperReports+iReportはJFreeChartと連携してチャート効果を実現するため、生成したレポートにJFreeChartの欠点があります。画像のみに出力でき、テキストと画像の質が低く、インタラクティブ性もありません。 グラフ設定のインターフェースは以下のとおりです。iReportチャートの設定方法はかなり面倒で、最終的な効果が理想的でないことはわかります。

JasperReportsグラフ

FineReportは独自開発の70種類以上のhtmlグラフを用意し、データヒント、ハイライト、チャートの切替、座軸標ズームなどのインタラクティブな表現が可能です。グラフとグラフ、グラフと表の連動もノーコーディングで設定できます。

FineReportグラフ

JasperReports+iReportとFineReportの違い⑥ バージョンアップ

JasperReports+iReportの公式サイトによると、2014年V5.6.0をリリースして以来、新機能は一切追加しません。2016年からパッチリリースも止まりしました。つまり、開発中バッグがあっても解決してくれないことになりました。

FineReportは2006年発売開始して以来、市場のニーズに合わせて絶えず更新し続け、もうV10.0に進化しました。今まで、一万社以上の企業に導入され、成熟した製品と整備されたサポート体制によってGartnerとForbesに高く評価しました。

まとめ

JasperReports+iReportはオープンソースのレポート作成ツールとして、非常に高機能で多くの開発者に愛用されています。しかし、過去数年登場した商用のツールに比べると、設計手順、UI、モバイル対応、グラフなどの面で劣っています。すべての学習資料は英語で、開発者の高い技術力と英語力が求められます。

FineReportは商用の帳票・BIツールとして、レポート・ダッシュボードの設計、出力、データ入力、モバイルBIなど豊富なレポーティング機能を持ち、営業、人事、財務、IoTといった業務別のテンプレートを用意するので、開発者が短時間で実用性の高い業務レポートを作成できます。トライアル版にお申し込みいただけば、テンプレートもご利用可能です。

FineReport体験

レポーティング・帳票ツールについてより詳しく知りたい方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

≫SAP Crystal Reports評価、FineReportと徹底比較

≫【4選】フリー/オープンソース帳票ツールの特徴とデメリットまとめ

トップへ

Copyright@2020 Fanruan Software Co.,Ltd

All Rights Reserved