【目的別】ビッグデータ分析&可視化ツール11選おすすめ※無料あり /* Template Name: singlenew(2019.11.12) */    

【目的別】ビッグデータ分析&可視化ツール11選おすすめ※無料あり

最終更新日:2020-5-12

ビッグテータ可視化ツールは今企業のデータ分析と意思決定に広く応用されて、とても役に立ちます。しかし、市場で製品が多くて、みんなきっとどれを選択すべきか悩むことがあるでしょう。ここで多く導入されているデータ可視化ツールを紹介していきます。ビッグテータの分析&可視化のために参考にどうぞ。
データ可視化ツール

BIツール

Excelを上手に使える方は、Excelによってデータを分析し、グラフやレポートを作れますが、大量のデータを業務システムに保存する場合、FineReport、TableauなどのBIツールでデータソースと接続し、データを可視化したほうがいいです。初心者にとって、BIツールは一番使いやすいと言えます。
難易度:★★
向いている人:データアナリスト、ビジネスパーソン、開発者
参考:おすすめの無料・オープンソースBIツール5選

1.FineReport

弊社が開発したデータ分析・可視化ツールFineReportは、70種類以上のチャートと地図を持ち、可視化効果が充実しいます。クリック&ドラッグでキレイなレポートとダッシュボードを作成でき、設計の工数を大幅に削減します。ファイル(csv、excel、txt)、関係型DB、NoSql、ビッグデータDBなどのあらゆるデータソースを利用できます。Java製のツールとして、容易に各種業務システムと連携するのも特徴です。
FineReportは無料版を提供し、利用期間と機能には制限がありません。
グラフ

BIツール
今すぐダウンロード

2.Tableau

Tableauは、企業向けのビッグデータ視覚化ツールです。豊富なデータ分析チャートとモデルを組み合わせることで、効率的にデータを分析してレポートを作成できます。
BIツールとして、OLAP分析が得意です。美観でインタラクション性の高いチャートを数秒で完成を可能にします。14日間のトライアル体験版があります。

データ可視化ツール

3.PowerBI

MicrosoftがExcelの後に発表したBI製品です。Excelにシームレスに接続して、カスタイマイズ性の高いダッシュボードを設計できます。個人向けの無料試用版Desktopを提供しますが、レポートを共有したいなら有料版のPro/Premiumを購入する必要があります。

データ可視化ツール

データ可視化用のチャートライブラリ

JavaScripできれば、インタラクティブなチャートやビジュアライゼーションを作成するためのJS型のチャートライブラリを利用します。ソフトウェア製品とツールを開発する時によくチャートライブラリと連携します。
難易度:★★★
向いている人:開発者、エンジニア

4.Echarts

Javascriptのデータ可視化ライブラリとして、ソフトウェア製品開発とWebページの統計図表によく使用されます。 Web側で可視化のチャートを高度にカスタマイズすることができます。チャートの種類と動的な可視化効果が豊富で、あらゆる種類のチャートが完全にオープンソースで無料で使えるという特徴は高いポイントです。そのうえ、大量のデータの処理と3Dグラフィックスの作成にも優れています。

データ可視化ツール

5.Highcharts

Highchartsは同じくデータ可視化ライブラリですが、ビジネス用の場合で費用がかかります。 利点としては、jsスクリプトとcssまで詳しく説明するヘルプドキュメントと実例があるので、学習と開発に時間を節約できて、製品の安定性が高いです。

データ可視化ツール

6.FusionCharts

企業向けのデータ可視化ライブラリのFusinchartは、90種類のチャートを用意し、数多くのプラットフォームおよびフレームワークと統合できます。ユーザがチャートを作る際、ゼロからはじめることなく、さまざまなテンプレートサンプルから選択し、必要に応じて独自のデータソースを接続すればよいです。

データ可視化ツール

データマップ類

難易度:★★★
向いている人:ビジネスパーソン、開発者

7.Power Map 2016

多くのツールにデータマップの機能が備えており、例えば、上記に挙げたEcharts、FineReportなどです。ここでPower Map 2016をお勧めします。実行スピードが非常に速くて、初心者にも使いやすい分析ツールです。Excel2013以上のバージョンにPower Mapが備えています。(2013ならプラグインをダウンロードする必要があります。)

データ可視化ツール

8.Arc GIS

ArcGIS には、すぐに利用可能な豊富な地図データや、簡単な設定のみで業務に活用できる各種アプリが提供されています。登録しないとオンラインで閲覧しかできません。登録すると、データをマップに追加できます。購入を検討する際に21日間のArc GIS Online無料トライアルがあります。

データ可視化ツール

9.Polymaps

Polymapsは、Webブラウザで動的でインタラクティブなマップを作成するための無料のJavaScriptライブラリです。OpenStreetMap、Bing、および他のマップ画像のメーカーからデータを取得すると同時に、独自の表現を加えます。 画像ベースとベクトルベースのマップの両方は見た目が美しいです。

データ可視化ツール

データマイニング用のプログラミング言語

RとPythonが典型的なデータマイニング用のプログラミング言語です。データ分析とマイニングを勉強したい方にRとPythonをおすすめします。ただし、この二つの言語を身につけるのは、以上の方法と比べて難しいと思われています。
難易度:★★★★
向いている人:データサイエンティスト、データアナリスト

10.R

R言語とは、統計解析に特化したプログラミング言語です。高度なグラフ化機能も特徴です。R にはグラフを描く便利な標準関数が多く用意されていますが、標準関数で描いたグラフは、きれいとは言い難いです。
R中のggplot2パッケージは図を作成するのに非常に強力なパッケージであり、このパッケージを使うと、標準関数よりも効率的に作図ができ、しかも分かりやすくて美しい図を描くことができます。

データ可視化ツール

11.Python

Python はデータ解析や機械学習の分野で最もよく使われている言語であり、matplotlib等のチャートライブラリも充実しています。
matplotlibはPythonでグラフを描画するときに使われる標準的なライブラリです。 2次元のグラウだけではなく、3次元でも表示できます。簡単なアニメーションやインタラクティブなグラフを作ることも可能です。

データ可視化ツール

まとめ

ビッグデータの登場によって、企業には多くの情報が集まり、データ量が増加しています。市場と経営状況を正確に捉えるために、データの分析と活用は重要になっています。企業が「データドリブン」を進めるにあたって、強力に支援してくれるのはビッグデータ可視化ツールで、特に散らばっているデータを一ヵ所に集約・可視化することで新たな気づきや課題発見を手助けするBIツールです。

どんなデータ可視化ツールを正式に導入する前に、目的、機能、セキュリティ、コストパフォーマンスなどを考える必要があるので、何か月の時間をかけることが多いです。弊社は各企業のデータ利活用を支援するために、FineReportの無料トライアル版を用意します。正式版と比べて機能の違いがありませんし、トライアル時間も制限されていません。ただユーザ数が限られています。正式導入前にゆっくり機能を検証し、自社のニーズに合うかどうかを検討することができるのではないでしょうか。

無料BI体験

トップへ

Copyright@2020 Fanruan Software Co.,Ltd

All Rights Reserved