ダッシュボードをモバイルアプリで利用する方法丨FineReport /* Template Name: singlenew(2019.11.12) */    

ダッシュボードをモバイルアプリで利用する方法

最終更新日:2020-6-15

BIダッシュボードは企業の蓄積した膨大なデータを分析・可視化し、意思決定のスピードと精度を向上させるというメリットがあるため、多くの企業に導入されています。そして、スマホやタブレットの普及につれて、ダッシュボードにおいてもモバイルデバイスからの利用需要が高まっており、各製品のダッシュボードアプリが登場しています。今回は、ダッシュボードをFineReportのアプリで利用する方法を解説します。
ダッシュボードアプリ

アプリ向けのダッシュボードを作成

ダッシュボードをFineReportのアプリで表示するために、まずFineReportのデザインツール(PC端末)でアプリ向けのダッシュボードを作成し、それからアプリをサーバに接続します。

1.ダッシュボードのサイズを調整

ほとんどのスマホの画面サイズが4.7インチ以上であり、幅が375px以上であるため、ダッシュボードのサイズを調整する必要があります。
[テンプレート]⇒[モバイル端末属性]を開き、【携帯のテンプレート設定】でチェックマークをつけます。このように、ダッシュボードのサイズは375X560pxとなります。

ダッシュボードアプリ

2.コンポーネントを追加、設定

ツールバーから必要なコンポーネントをダッシュボードにドラッグ&ドロップします。

ダッシュボードアプリ

ここは【携帯再レイアウト】というレイアウト方式を選択したので、ダッシュボードをアプリで表示される際、各コンポーネントが上から下1つずつ配置されます。

各コンポーネントのそれぞれのスタイルを設定します。例えば、縦棒グラフの[編集]をクリックし、右側の[属性]⇒[スタイル]で【カスタマイズ】を選択し、タイトルや背景などを設定します。残りの円グラフ、複合グラフも同じように設定します。

ダッシュボードアプリ

それから、グラフのデータを設定します。これはPC端末向けのダッシュボードと同じように操作すればいいです。

ダッシュボードアプリ

ダッシュボードをアプリで表示

FineReportのデザインツールでアプリ向けのダッシュボードを作成したら、アプリでサーバに接続し、ダッシュボードを表示してみます。

1.モバイルアプリをダウンロード

公式サイトで申し込み、入力したメールアドレスに送られたメールで製品ダウンロードのURLを開きます。モバイル端末に応じたアプリをダウンロードします。

ダッシュボードアプリ

2.サーバに接続する

ダッシュボード設計の画面で、虫眼鏡アイコンの下の[▼]をクリックし、【モバイル端末】を選択します。

ダッシュボードアプリ

すると、ブラウザに下記のような画面が映し出されます。各ダッシュボードはモバイル端末プレビューのためのQRコードがあります。

ダッシュボードアプリ

FineReportアプリを開き、左下の[サーバ]をクリックします。[新しいサーバ]をクリックすれば、新しいサーバの接続を追加できます。次の画面で、[スキャンコード入力]を選択し、先ほどブラウザに映し出されたQRコードをスキャンします。

ダッシュボードアプリ

そうしたら、サーバの情報が自動的にアプリの画面に出てきます。必要によってサーバ名を変更します。[✔]をクリックすれば、サーバへの接続が成功です。

ダッシュボードアプリ

3.ダッシュボードをアプリで参照

サーバ接続に成功したら、アプリのログイン画面にジャンプします。ユーザー名とパスワードを入力し、[ログイン]をクリックします。それから、[QRコードを読み取る]をクリックし、先ほどブラウザ上のダッシュボードのQRコードをもう一度スキャンします。

ダッシュボードアプリ

すると、PC端末で作ったダッシュボードがアプリで表示されます。

ダッシュボードアプリ

下の[コメント]ボタンをクリックすると、コメント編集画面になり、ダッシュボードに対してコメントを追加できます。それに、ほかのSNSアプリ経由でダッシュボードを共有できます。

ダッシュボードアプリ

まとめ

以上はダッシュボードをFineReportアプリで参照する方法を紹介しました。ダッシュボードアプリを利用すれば、いつでもどこでもデータを確認でき、迅速な経営判断を下すことができます。ダッシュボードの活用シーンは現場、外出先に広がり、ビジネス推進するにもつながるのではないでしょうか。FineReportのダッシュボードアプリについてより詳しく知りたい方はこちらのモバイルBI機能をご覧ください。

トップへ

Copyright@2020 Fanruan Software Co.,Ltd

All Rights Reserved