FineReport Version Features
Warning: file_get_contents(/www/wwwroot/finereport/jp/wp-content/themes/japan_2019new/modules/releases-template/previous-releases.json): failed to open stream: No such file or directory in /www/wwwroot/finereport/jp/wp-content/themes/japan_2019new/template-parts/page/page-version-feature.php on line 544

FineReport10.0.13

コンポーネントイベントを一括管理、帳票開発効率を向上
最新のカルーセルピクセルチャートを使ってメモリをリアルタイムで監視
複数ソースからユーザーインプット、ユーザー認証方法多様化
モバイル端末で帳票をエクスポート、仕事をより便利に

FineReport新機能を無料体験

FineReportの評価

FineReport-Top BI Solution Provider-IDC
Top BI Solution Provider
Top 50 Unlisted Potential Companies
FineReport-Enterprise Reporting Platforms-Gartner
Enterprise Reporting Platforms

コンポーネントイベントマネージャー


従来のコンポーネントイベントは各コンポーネントに散在されています。設定済みのイベントを検索、変更する場合は、各コンポーネントのところで操作しなければなりません、帳票開発者にとって非常に不便です。コンポーネントイベント管理といった問題を最適化するため、FineReport10.0.13は、新機能コンポーネントイベントマネージャーを追加しました。この機能を通して、テンプレートに設定されたコンポーネントイベントを一括管理できるようになりました。

→詳細情報 新機能を無料トライアル

カルーセルピクセルチャート


ダッシュボード開発の時、カルーセルピクセルチャートは非常役立つチャートです。カルーセルピクセルチャートは複数パーセンテージデータの展示もできれば、リアルタイムの割合変化の展示もできます。例:CPUとメモリの使用率をリアルタイム監視。

新機能を無料トライアル

複数ソースユーザー


FineReport10.0.13では、管理ポータルで、様々なタイプのユーザーの共存が可能になりました。ユーザーをインポートした場合、追加したユーザーの情報をさらに手動で変更、追加できます。手動でユーザーを追加した場合、追加したユーザーの情報をさらに手動で変更、追加できます。また、異なった方法から追加したユーザーに異なった認証方法を設定できます。ユーザー管理が便利になり、より複雑なシチュエーションに適応できます。

→詳細情報 新機能を無料トライアル

モバイル端末で帳票をエクスポート


モバイル端末はcontentPane.exportReportToPDFといったJavaScriptイベントをサポートできるようになりました。ボタンウィジェットにJavaScriptイベントを追加してから、ボタンをクリックするだけで、帳票をWord、PDF、Excel、画像にエクスポートできます。いつでもどこでも帳票を手軽にエクスポート、仕事の効率を大幅に向上させます。

新機能を無料トライアル

ほかの新機能リリース

FineReportの製品概要

FineReport全機能紹介

FineReportはノーコーディングで複雑な帳票作成、ダッシュボード設計、クロス分析、データドリル、データ入力と出力印刷、権限管理などを容易に実現できます。

機能の詳細はこちら

今すぐDEMOを体験

豊富なダッシュボード効果、業務別の活用シーン、多様なインタラクティブ効果をオンラインDEMOで見られます

体験DEMOはこちら

学習リソース

総計10万文字以上の詳しいヘルプドキュメント、ブログ、他の学習資料も非常に豊かです

ブログ

チュートリアルビデオ

50本以上のトレーニングビデオ、会社紹介、ユーザーレビュートーク、活用シーン展示ビデオが無料でご提供します

ビデオを見る
Privacy

Copyright@2020 Fanruan Software Co.,Ltd

All Rights Reserved