機能詳細

簡易操作モード

帳票ツールFineReportはExcel風の開発モードで、「EXCEL+データ列バインド」の操作画面を採用することで習得コストを大幅に削減しています。Excelが使用できればFineReportもすぐに使用でき、どんな複雑な帳票仕様でもイメージどおりに設計できます。また、帳票ツールFineReportは既存のExcelファイルをインポートして帳票を作成でき、しかも元の表の数式を失うことがありません。

Web帳票設計,excelに近い帳票ツール

FineReportは帳票の作業ディレクトリのコンセプトを提供します。つまり、各帳票の独立アプリケーション又は統合環境が、いずれも一つの作業ディレクトリであり、しかも作業ディレクトリの切り替えが自由にできるのです。実際の活用においては、帳票作成者がデザイナーを使ってリモート環境に接続することで、ローカルでの作成、リモートによる帳票配布を実現します。

ユーザーはリモートデザイン、すなわち三層アーキテクチャモデルを通して、自分のパソコン上でデザインしたテンプレートを遠隔で配布したり、直接サーバ上の帳票ファイルに対して編集を行ったりすることができます。複数の部門やスタッフによる共同での作業を実現します。データ権限やテンプレート権限も設定可能で、テンプレートロック機能で編集上の衝突を防ぎます。

Web帳票設計器,類excel界面

FineReportはユーザーへ3種類の帳票作成モードを提供し、あらゆる活用シーンを満足させます。

1)一般帳票(ワークブック)

帳票ツールFineReportの一般帳票モードでは、手軽に改ページや列分け、グループ分けができ、各種の複雑なテーブル型帳票の作成が可能です。

FineReportは、セル画面におけるデータ拡張の特性に応じて、一連の演算システムを提供します。動的セル間の演算は、データの割合やデータ比較、同期比、前期比、順位、繰り返し参照、グループごとの累計、複数グループの累計、行番号等を手軽に実現できます。さらにFineReportは、親子帳票やツリー帳票など様々なカスタマイズ帳票のニーズに対応しています。親子帳票は同一の帳票内に異なる内容を表示する複数エリアが含まれるときに適し、ツリー帳票は階層関係があるデータ、例えば組織構造といったデータを表示するときに適しています。

2)ブロック帳票

非常に複雑で大規模な帳票、例えばデータが多数のエリアに分割され、たくさんの統計データや指標が絡み合っている場合、通常の方法で作成するのは非常に手間が掛かります。FineReportは複雑で大規模な帳票向けにブロック帳票機能を搭載しており、複雑で大規模な帳票を、独立したブロック帳票エリアによって自由につなぎ合わせることができます。

3)意思決定帳票(ダッシュボード)

テクノロジーの進化によって、帳票を使うシーンはすでにパソコンの前だけではなくなりました。ますます増加するモバイル化帳票の使用ニーズに応えるため、FineReportは革新的な意思決定帳票をリリースしました。意思決定帳票はカンバス式の画面を採用、多種類のレイアウト方法に対応し、帳票作成時は単にモジュールをドラッグするだけです。これらのモジュールは相互に独立しているため、部分的に更新でき、モジュールごとに異なるテーマに対応させ、異なるデータソースにバインドすることができるので、まさに完璧な多次元分析型の管理コックピットを実現します。


データ帳票

FineReportは、Hadoop、GreenPlumn、Kylin等のビッグデータ?プラットフォーム、SAP HANA、SAP BW、SSAS、EssBase等の多次元データベース、MongoDB、SQLite、Cassandra等のNO SQLデータベースをサポートし、更に従来型のリレーショナル?データベースやプログラムデータソース等もサポートします。

Web帳票設計器,類excel界面

パラメータウィジェット

多くの場合、ユーザーは条件値を入力してデータの検索を行い、表示されたデータ範囲を巧みに管理する必要があります。

FineReportは、パラメータやパラメータパネルの定義を通じ、強力な検索画面を非常にフレキシブルに定義することができ、ユーザーは画面に検索条件を入力することで帳票に表示される内容及び形式をコントロールできます。

1)豊富なウィジェットのタイプ

FineReportは、テキスト、テキスト領域、数値、パスワード、チェックボックスボタン、チェックボックスグループ、ラジオボタングループ、日付プルダウン、プルダウンメニュー、プルダウンチェックボックス、時間、複数ファイルのアップロードリスト、フレーム、ツリー形式プルダウン、 テーブルツリー及びビューツリー等、多くのウィジェットタイプがあります。

2)パラメータ設定画面

FineReportはユーザーがパラメータによるデータ検索機能を素早く処理できるよう、専用のパラメータパネルを提供、関連ウィジェットを置いたり検索できるようにしています。ユーザーは、可視化ドラッグにより実現したい画面効果をフレキシブルに配置、デザインできます。

3)詳細パラメータ検索機能

FineReportは多種類の詳細なカスタム設定が行え、データの詳細なスクリーニングを可能にしています。それにはパラメータ連動、動態列検索、自動検索、パラメータがnullの場合の全値表示、パラメータウィジェットの動態表示等が含まれます。

Web帳票設計器,類excel界面

4)表間のインタラクション

FineReportによるフレキシブルなパラメータ伝送は、帳票間の連動やドリル等の分析操作を手軽に実現できます。異なる種類のグラフ間でのドリルや連動分析、無限階層や無限角度のドリル、tab切り替えをサポートし、帳票のマルチディメンションの分析操作や、マルチディメンションのデータ観察が可能になります。

Web帳票設計器,類excel界面

インタラクション

1)グラフ

FineReportはデフォルトのH5グラフを使用できるだけでなく、Echarts等のサードパーティ製ウィジェットでグラフを作成することもできます。そのうち、ファンランが自社開発したH5グラフは、10数種類のグラフタイプと50数種類のグラフスタイルがあり、各種グラフインタラクション方法もサポートしており、データ情報の多様な表示を全面的にバックアップします。

Web帳票設計器,類excel界面

2)パラメータウィジェット

FineReportは、パラメータやパラメータパネルの定義を通じ、強力な検索画面を非常にフレキシブルに定義することができ、ユーザーは画面に検索条件を入力することで帳票に表示される内容及び形式をコントロールできます。

FineReportはパラメータウィジェットのタイプを豊富に揃えており、ファイルやツリー形式プルダウン、プルダウンチェックボックス、時間、日付のプルダウンメニュー等、10数種類ものウィジェットタイプがあります。使用時は、これらウィジェットが専用のパラメータパネルに置かれ、ユーザーは可視化ドラッグにより実現したい画面効果をフレキシブルに配置、デザインできます。

実際のプロジェクト運用において、帳票のデータに対するスクリーニングは複雑で多様化しているので、帳票パラメータへは自由度が高くフレキシブルなものが求められます。FineReportのパラメータパネルは多種類の詳細なカスタム設定が行え、詳細なスクリーニングを可能にしています。

Web帳票設計器,類excel界面

3)インタラクションの体験

良好なインタラクション分析体験は、ユーザーの帳票のより快適な閲覧を助け、データ価値の発見につながります。フレキシブルなパラメータ伝送によって、FineReportは帳票間の任意なインタラクション分析操作が手軽に行えます。グラフとグラフ、グラフと表、表と表の間の連動分析をサポート。異なるグラフタイプ間のドリルをサポートし、無限階層のドリルをサポート。ダッシュボードのtab切り替えをサポートし、帳票のマルチディメンションの操作分析やマルチディメンションのデータ観察を実現。帳票チェック時にリアルタイムによる操作分析、フィルタリング、ソート等をサポート。


データ書き込みと出力

1)書き込み

FineReportは従来の単にデータ表示しかできない帳票とは異なり、強力なデータ書き込み機能を持ち、ユーザーによるデータベースへの追加?削除?修正を許可します。FineReportの帳票書き込みの設計フローは簡単明瞭で、帳票設計、ウィジェット追加、書き込みの属性と書き込み入力の設定という4つのステップのみで、手軽に書き込み作業を完了できます。

何と言っても営業スタッフの多くはOfficeに習熟しており、書き込みの際も、データがすでに同じ書式のExcelファイルに保存されているということがよくあります。FineReportは書き込みにおいてExcelを完全にサポートしており、Excelのグリッド型帳票やフリー帳票をインポートでき、更には一括インポートも可能なので、大量に蓄積されたExcelデータを生まれ変わらせることができるのです。

Excelのインポート設定

作業場や倉庫でのデータ収集など、かなりのユーザーがインターネットの無い環境で書き込み機能を使うということが考えられます。こうした問題に対して、FineReportのオフライン書き込み機能は、データ書き込みがいつでもどこでも行え、ネットワークの束縛から解放されます。 オフラインHTML帳票の出力

オフラインHTML帳票の出力

企業での活用において、末端の従業員がデータ書き込みをデータベースに入れますが、場合によっては上層部署がその書き込みされたデータに対して処理や検証、審査を行い、承認されたデータのみがデータベースに入れられ、承認されなかった分は差し戻されて再度書き直しとなります。これはひとつの単純な作業フローであり、レベル分けデータ報告フローと呼ばれています。

報告フロー(マルチレベル)の設定画面

FineReportの報告フロー(マルチレベル)機能は、複数の報告フロースタイルがあり、ユーザーへメールやシステムメッセージなどによって書き込み操作を促すようになっており、更には時間限定の書き込みや、時間指定での配付等、細かな管理もサポートしています。

2)出力印刷

FineReportの帳票は、ウィジェットをインストールすることなく、フロントエンドでHTML表示を行ったり、PDF、Excel、Word、Image形式で出力したりすることができます。また、デザイナーでも複数のタイプのファイルを出力することができます。

印刷設定画面

FineReportはFlash技術を応用した革新的な帳票印刷により、帳票印刷技術の新しい領域を切り開き、ゼロクライアントの印刷を完璧に実現しました。印刷時は、印刷スタイルを様々に設定でき、日常業務のニーズを満たすことができます。


システム管理

1)帳票プラットフォーム

帳票プラットフォームとなるFineReport意思決定システムをよりどころとして、企業は帳票センターを築くことができ、帳票管理やユーザー管理、組織管理及び権限管理を便利に実現することで、様々な企業のテーマ分析を支えることができます。

システム管理画面

帳票管理:帳票管理はディレクトリ管理と帳票管理を含んでいます。ディレクトリ管理とは、仮想ディレクトリの追加?削除?修正を指します。帳票管理とは、あるディレクトリに対して、そのディレクトリ用にテンプレートを追加?削除することです。

ユーザー管理:FineReportは、企業の従業員情報や部署職位、権限配分に対する管理をサポートしており、設定しやすく、操作が簡単です。ユーザーを追加する方法は、手動追加とデータセット同期の2種類があります。

システム設定: FineReportの意思決定システムのシステム設定機能で、標準設定、印刷設定、メール、キャッシュ、データベース接続、バックアップとリカバリ、モニタリング、アップグレード、登録情報、プラグイン等の設定及び確認ができます。

2)権限管理

権限管理とは、システム設定のセーフティルール又はセーフティポリシーのことで、ユーザーがアクセスでき、且つ自身が権限を付与されたリソースのみにアクセスでき、それ以上でも以下でもありません。権限管理画面では権限の割当を行うことができるほか、ユーザーの権限確認や、設定中のテンプレート権限管理やグループ権限管理ができます(レベルごとの権限管理)。 FineReportはレベルごとの権限管理をサポートしており、各レベルごとに割り当てることで、グループの権限管理が簡単にできるようになります。

Web帳票設計器,類excel界面

3)タスクスケジューラ

FineReportは、ユーザーが日報や月報、四半期報告書、年次報告書等のタスクを素早く手軽に設定できるようサポートしており、時限タスクの設定後は、サーバーが指定時間に自動で必要ファイルを作成し、更には作成結果をメールでユーザーへ通知することもできます。時限タスクの権限制御機能により、作成したcptファイルとメール添付ファイルの内容を、ユーザーの違いごとに、異なるユーザーへ向けて対応するユーザーデータの帳票を配布することができます。 また、FineReportは時限書き込みをサポートしており、帳票テンプレートの助けを借りて、定時にデータのロードや集計、データベースへの書き込みを実現します。例えば、毎月定時に各社の売上実績を統計する場合、これらのデータは各子会社のデータベースに存在していますが、時限書き込み機能を利用することで、各子会社の総売上を本社のデータベースへ保存することができます。

4)デプロイ統合

FineReportはJAVAソフトとして、各種のプロジェクトとの統合をサポートします。

Web帳票設計器,類excel界面

FineReportはシステムの性能と信頼性を提供するため、ロードバランシングをサポートし、分散型とクラスターをサポートします。FineReportのクラスタープランは、分散型クラスターとシェア型クラスターを含んでいます。

Web帳票設計器,類excel界面

マルチスクリーン

世界は変化しており、単一タイムラインでの情報接触はすでに徹底的に多元化され、スマホやパソコン、テレビ、タブレット、LED等による情報交流、情報シェアのマルチスクリーン時代がすでに形成されています。

1)モバイルBI

ファンランのモバイルBIは、モバイルデータの表示と分析に特化しています。当社のモバイルアプリは単なるアプリケーションツールではなく、モバイルの可視化、データ表示、データ分析、データ登録をユーザーに専用に提供し、更にはまるごとモバイルオフィスのプラットフォームともなる、一連のプロダクトでありソリューションです。

ファンランのモバイルBIプランは、異なるシーンに応じて、オリジナルとHTML5という2種類の解析方法があります。まず、オリジナル解析のほうはFRを使用したアプリで、その基礎の上にOEMのカスタマイズ、又はユーザー自身でアプリ工程にSDKをインポートし、URLによってオリジナルの帳票を呼び出します。また、もうひとつのHTML5表示は、直接携帯電話のブラウザでアクセスするか、又はサードパーティ製アプリに統合することで、URLから直接HTML解析の帳票を呼び出すことができます。

FineBIのモバイルアプリは、PC版の分析や操作方法を完全に継承しており、移動とズーム、ドリル連動、テンプレートコレクション、モバイルセキュリティ、メッセージプッシュ、コメントのシェア、オフライン閲覧及びQRコードスキャンや撮影といった特色ある機能を備えています。

2)大型スクリーン画面

現在、大型スクリーンによるデータの可視化は企業のなかで広く活用されています。大型スクリーン画面では、企業の鍵となるデータが一目ですぐに分かり、鮮明でスタイリッシュです。

FineReportによって、ユーザーは強力で全面的な「管理コックピット」を構築でき、さっとドラッグするだけで企業のデータ管理情報をいかなるスクリーン上へも完璧に投影することができます。例えばトレーディングフロアやコントロールセンター、生産現場、ショールームなどのLED大型スクリーンへの投影です。

FineBIの大型スクリーン画面は自己調整の特性があり、LEDスクリーンが単体でもマルチでも、大小に関わらず完璧に適応します。大型スクリーンの可視化モジュールはリアルタイムで更新され、速やかな監視制御と適時なリマインダーが可能です。自由なレイアウトをサポートし、グラフやテキスト、画像、Webに対応しているので、大型スクリーンを自由に扱うことができます。

Web帳票設計器,類excel界面
Web帳票設計器,類excel界面
Web帳票設計器,類excel界面

意思決定帳票(Dashboard)

通常のcptテンプレートデザインが、自己調整のレイアウトや、部分的な更新などで物足りない点をカバーするために、FineReportは新しく意思決定帳票を備えました。意思決定帳票には、一般の帳票設計では追随できない強みがあります。

整合性:一般の帳票はひとつのまとまりなので、部分的な更新ができません。意思決定帳票は、各モジュールから構成されているので、モジュール内での更新、つまり部分的な更新が可能です。

自己調整:一般の帳票は自己調整ができませんが、意思決定帳票は万全な自己調整を実現、モバイルでの使用を更にサポートします。

ウィジェット:一般帳票でパラメータ検索する場合、ウィジェットをパラメータパネルに追加するしかありませんが、意思決定帳票はパラメータパネルにウィジェットを追加できるだけでなく、ウィジェットを単独で使用してデータのフィルタリングを行うことができます。

連動:一般帳票のセル又はグラフは、セルと直接連動することはできませんが、意思決定帳票は帳票ブロックまたはグラフブロックと、帳票ブロックとの連動が可能です。

1)意思決定帳票画面:

Web帳票ツール

2)意思決定帳票作成フロー:

Web帳票作成ツール

モバイルBI

世界は変化しており、単一タイムラインでの情報接触はすでに徹底的に多元化され、スマホやパソコン、テレビ、タブレット、LED等による情報交流、情報シェアのマルチスクリーン時代がすでに形成されています。 ファンランのモバイルBIは、モバイルデータの表示と分析に特化しています。当社のモバイルアプリは単なるアプリケーションツールではなく、モバイルの可視化、データ表示、データ分析、データ登録をユーザーに専用に提供し、更にはまるごとモバイルオフィスのプラットフォームともなる、一連のプロダクトでありソリューションです。

2種類の形式

FineReportのモバイルソリューションは、異なるシーンに応じて、オリジナルとHTML5という2種類の解析方法があります。まず、オリジナル解析のほうはFRを使用したアプリで、その基礎の上にOEMのカスタマイズ、又はユーザー自身でアプリ工程にSDKをインポートし、URLによってオリジナルの帳票を呼び出します。また、もうひとつのHTML5表示は、直接携帯電話のブラウザでアクセスするか、又はそのほかのアプリに統合することで、URLから直接HTML解析の帳票を呼び出すことができます。

機能とデータのインタラクション

FineReportのモバイルアプリは、パソコン版の分析や操作方法を完全に継承しており、移動とズーム、ドリル連動、テンプレートコレクション、モバイルセキュリティ、メッセージプッシュ、コメントのシェア、オフライン閲覧及びQRコードスキャンや撮影といった特色ある機能を備えています。

Web帳票設計器,類excel界面
Web帳票設計器,類excel界面

セキュリティ対策

FineReportのモバイルアプリは、データ権限とテンプレートアクセス権限の制限、QRコードスキャンしサーバアドレスを追加、MACアドレスのバインド済みデバイスのみアクセス可能、SANGFORのVPNチャネル暗号化をサポートしており、企業のモバイルセキュリティへ全面的な保護を行っています。

Web帳票設計器,類excel界面

二次開発

FineReportは閉鎖されたアプリケーションではありません。アプリケーション開発者がウェブページのスクリプト、APIポートなどを使用し、より深い開発を行うことをサポートします。ウィジェット開発、インストール、使用、管理をお手伝いし、カスタマイズの需要を満たします。 また、帆軟はFineReportのエコシステムを構築し、より多くの技術者がFineReportのウィジェット開発から利益を得られる環境を作り上げることを目指しています。

Web帳票設計器,類excel界面




TOP