FineReport

最も専門的な帳票作成ツール!

データ可視化の要素

 単純にデータをグラフに変えて、あるいはたくさんのグラフを設計して自分の考えを表現するのはデータ可視化とは言えません。データをビジネス価値のある情報に変えるために、いくつかのデータ可視化の要素があります。

1、データ可視化の対象によって決める

 伝統的な帳票や新しい情報図を作成する時、まず考えるべきことは誰がこのグラフを見るかということです。データ可視化の対象は事項に対する詳しさ、ニーズまた知りたいことなどを考える必要があります。

2、データ可視化のプランを立てる

 準備した問題の回答に従って、データ可視化のプランを立てるデータ可視化は始終ユーザのために設計されたレポートです。グラフにはユーザが知りたい情報を含めて、彼らにとって有意義な背景に置くべきです。

3、データ可視化に明晰なタグやタイトルを付ける

 曖昧で長すぎるタイトルを避けて、グラフを説明できるタグやタイトルを付ければいけます。

4、データ可視化と対策を合わせる

 もしデータ可視化の目的は具体的な問題を解決することだと、、はじめに問題の説明を書くと、ユーザがすぐ可視化データの価値を理解します。

5、グラフの選択

 どのようなグラフを使っても、なるべく情報を簡単で正確に伝えるのはデータ可視化の目的です。それがゆえに、以下の三点に従ってください。
1)重要な情報を表示できるグラフを使う。(グラフのライプはこちらへ
2)画面の空白を全て埋める必要はない。余計な内容は情報を伝わる時の邪魔になる。
3)色を適当に使う。特定の色を付けた意味を注意する。例えば赤は警告や危険を代表する色です。

TOP